関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節の痛み

関節は骨と骨のつなぎ目で動くこと(可動性)と支えること(支持性)という
2つの大切な働きがあります。人間のからだには約140もの関節があり、
それぞれの部分で関節の大きさや形は少しずつ異なっています。関節の痛みは、
何らかの原因で可動性と支持性という関節の基本的な働きが障害されたときに
症状が出現します。
からだは、加齢とともに様々な身体機能が少しずつ低下してきます。関節は
骨と骨のつなぎ目で、身体を動かす機能(可動性)と身体を支える機能(支持性)の
2つの大切な働きを担っており、日常生活動作において常に動き、体重を支える
という過酷な環境です。
関節の加齢変化は、関節の表面を覆っている軟骨の磨耗や変性に始まり、
やがて土台の骨そのものの変形を生ずるようになり、これを変形性関節症と言います。

◇変形性関節症

変形性関節症ではその進行の程度によって関節炎という炎症が生じ、関節の痛みや
腫れなどの症状が現れ、また、骨折や靱帯損傷、軟骨損傷など関節の
大きな外傷の後では、比較的早期に変形性関節症の変化が生ずることが多いです。

しかし関節の痛みは、常に関節炎が原因で起こるとは限りません。
関節の痛みは、炎症性関節痛と非炎症性関節痛の2種類の関節痛です。
炎症性関節痛は膠原病、脊椎関節炎、感染性関節炎、リウマチ熱、痛風、
偽痛風等です。それに対して、非炎症性関節痛は、外傷や上記で述べた
変形性関節疾患等です。
運動によって起こる指、肘(ひじ)や膝(ひざ)、肩などの関節の痛みは
半月板損傷や靭帯損傷などです。
また骨関節症は、関節軟骨の変性および骨棘の突出によるもので、45歳以上
の人に非常に多いです。
関節の痛みの原因には、軟骨の磨耗や変性の他、過度の運動または運動不足、
老化、肥満、免疫異常などもあります。

スポンサーサイト

妊娠時の関節の痛み

妊娠、産後は、骨盤の靭帯や筋肉、関節も緩む傾向にあります。しかし、
弛む為にとても不安定となり、急激な体重増加や運動不足、不良な姿勢や
筋力不足などで腰痛や恥骨痛、尾骨痛などの骨盤周囲の関節痛を覚える場合があります
また、臀部痛や冷感、脚の付け根が突っ張る、音が鳴る、歩くと痛む等の症状が
あります。それらは妊娠後期に多くみられる症状ですが、妊娠初期でもみられます。
特に、妊娠前の骨格のバランスが悪い方に多くみられます。
また、妊娠、分娩後とは関係なく腰が重だるい、恥骨痛や股関節痛がある方、
尿失禁や子宮下垂などの症状もあります。
この様な関節痛の症状が出現した場合は、妊婦さんに対応してくれるカイロ
プラクティック治療や整体などをお勧めします。妊婦さんに対するカイロプラク
ティック治療は、通常のカイロフラクティック治療ではなく、より負荷の少ない
治療方法が行われるのが一般的です。
このカイロフラクティック治療は小児のカイロフラクティック治療にも用いる
方法ですが、全身を診ていき、背骨を含めた骨盤のバランスを整えていく治療方法を
用います。また、骨盤がある程度安定した後は、臀部の筋肉に対して緊張を取り除く
必要があります。妊娠中は完全に痛みを取り除くという事は難しいですが、
日常生活を送るにおいて、QOL(生活の質)をあげる上でも有効だと思われます。
ただ、骨盤等の矯正は流産の可能性がとても低い確率ではありますがゼロではあり4ません。
技術、知識、経験を有する先生を探してください。
妊娠・授乳期に関しては、消炎鎮痛などの内服だけでなく外用剤・シップについても
何らかの副作用が発現する場合があります。産婦人科の医師に現在の症状を伝えた上で
対処方法を検討されてください


【家庭で出来る妊娠時の関節痛改善法】

・長時間の同じ姿勢は避ける
・腹帯を巻くと解消される人もいる
・関節をクルクル回してマッサージしてみる
・適度な運動で血行を良くする

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。