関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝関節痛の治療

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療方法には、大きく分けて保存療法と手術療法の2つがあります。
保存療法にはリハビリテーション、装具療法、薬物療法があり、これらを
組み合わせて行われます。手術療法は、保存療法で効果が得られない場合に
選択されますが、この数は決して多くはありません。変形性膝関節症は、
加齢による関節の変化が主因なので、関節の機能を維持しようとする気持ちがとても大切です。

◇リハビリテーション
変形性膝関節症に対するリハビリテーションの目的は膝の曲げ伸ばしの回復
(可動域訓練)と膝を支える筋力の回復(筋力訓練)です。関節の2大機能である
可動性と支持性を回復させるリハビリテーションは変形性膝関節症の治療のみ
ならず予防法としても大変重要であり、多くの人に積極的に行っていただきたい内容です。
可動域訓練は、変形性膝関節症によって関節の動きが悪くなったり、動く範囲が
狭くなったりした場合に、その動きの改善や動きの範囲を広くするために行われます。
一方、筋力訓練は太ももやひざの周りの筋肉を鍛えてひざ関節を支える力を
強くすることが目的です。

◇投薬治療
変形性膝関節症に限らず現在病気の治療に使う薬は大変多くの種類と様々な
使い方があります。薬物治療の原則は「必要最低限の薬を適切な使い方で」です。
自分のひざの状態をよく理解し、医師とよく相談の上適切な内容を選択してください。
注射(ヒアルロン酸、ステロイド剤)、内服薬、坐薬(非ステロイド系消炎鎮痛剤 )、
外用薬(非ステロイド系消炎鎮痛剤など )を使用します。


スポンサーサイト

五十肩(肩関節周囲炎)の治療

五十肩(肩関節周囲炎)の治療は症状に応じて以下の治療を行います。

・疼痛が主体で拘縮は疼痛による場合
局所の安静とステロイド・ヒアルロン製剤の注射、非ステロイド消炎鎮痛剤、
湿布などの薬物療法を行います。
また、理学療法を行います。温熱療法中心であるが、急性期で疼痛が強い時は
冷却療法(アイシング)の併用も効果的です。

・関節拘縮が主体の場合
運動療法を中心とした理学療法を行います。拘縮が高度なものには、透視下関節内
パンピング、鏡視下関節受動術などが行われます。

その他五十肩(肩関節周囲炎)の治療法として、針灸治療、漢方薬、
カイロプラクティック、ツボ治療などもあります。

指関節痛(突き指) の治療

指関節痛(突き指) の応急処置

・指の痛みの軽減と腫れの軽減の為、患部を冷やす。
・患部の安静保持のため、テーピングなどにより固定を行う。注意点としては
 腫れを想定した固定が重要です。
・腫れや痛みの強い場合、早めの専門医の受診・治療をお勧めします。

誤った指関節痛(突き指)の治療法
・引っ張ってはいけません!
これは、絶対にやってはいけません。無理に引っ張ると切れかかっていた腱や靭帯を
さらに損傷することがあるからです。整形外科の徒手整復法という患部を引っ張る手技がありますが、腱や靭帯損傷がないと判断してから実施しています。
・むやみに動かしてはいけません!
添え木を添えて指を固定します。安静を保つためには添え木とテーピングが必要です。
しかし応急措置の場合で、添え木がない場合は親指以外なら隣の指を添え木として
利用できます。

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。