関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節の痛み

関節は骨と骨のつなぎ目で動くこと(可動性)と支えること(支持性)という
2つの大切な働きがあります。人間のからだには約140もの関節があり、
それぞれの部分で関節の大きさや形は少しずつ異なっています。関節の痛みは、
何らかの原因で可動性と支持性という関節の基本的な働きが障害されたときに
症状が出現します。
からだは、加齢とともに様々な身体機能が少しずつ低下してきます。関節は
骨と骨のつなぎ目で、身体を動かす機能(可動性)と身体を支える機能(支持性)の
2つの大切な働きを担っており、日常生活動作において常に動き、体重を支える
という過酷な環境です。
関節の加齢変化は、関節の表面を覆っている軟骨の磨耗や変性に始まり、
やがて土台の骨そのものの変形を生ずるようになり、これを変形性関節症と言います。

◇変形性関節症

変形性関節症ではその進行の程度によって関節炎という炎症が生じ、関節の痛みや
腫れなどの症状が現れ、また、骨折や靱帯損傷、軟骨損傷など関節の
大きな外傷の後では、比較的早期に変形性関節症の変化が生ずることが多いです。

しかし関節の痛みは、常に関節炎が原因で起こるとは限りません。
関節の痛みは、炎症性関節痛と非炎症性関節痛の2種類の関節痛です。
炎症性関節痛は膠原病、脊椎関節炎、感染性関節炎、リウマチ熱、痛風、
偽痛風等です。それに対して、非炎症性関節痛は、外傷や上記で述べた
変形性関節疾患等です。
運動によって起こる指、肘(ひじ)や膝(ひざ)、肩などの関節の痛みは
半月板損傷や靭帯損傷などです。
また骨関節症は、関節軟骨の変性および骨棘の突出によるもので、45歳以上
の人に非常に多いです。
関節の痛みの原因には、軟骨の磨耗や変性の他、過度の運動または運動不足、
老化、肥満、免疫異常などもあります。

スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。