関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節の形の異常が原因で、長い年月を経過するうちに股関節の
形が変形していく病気です。
股関節の変形は老化によっても起こりますが、ほとんどが先天性股関節脱臼や
先天性臼蓋形成不全によるものです。
関節のクッションとしての役割をはたし、滑りをよくする関節軟骨が傷つき磨耗し、
骨破壊またはは増殖を起こしたために生ずる病気です。

変形性股関節症には、その経過や症状に応じて、前期~末期までの4段階があり、
それぞれの症状も治療法も異なります。症状は足がだるい程度の症状から歩行困難まで、
悪化すると衣類を自力で着脱出来なくなることもあります。

変形性股関節症の症状は股関節の痛みの他、臀部痛、大腿部痛、あるいは膝上部痛なども
あり注意が必要です。疼痛に引き続き筋萎縮が起こり、筋力の低下が認められます。
次に関節変形と運動制限が起こり、股関節屈曲拘縮になります。小・中臀筋に
機能不全が起こり、最悪のケースでは歩行が困難にまで至ります。

変形性股関節症を発症すると、加齢とともに徐々に悪化、しかも、一度変形した
股関節を発症以前の状態に戻すことは困難です。
従って病状の悪化を出来る限り遅らせることが、変形性股関節症の治療の目的になります。









スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。