関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形性股関節症の治療法

変形性股関節症の治療法は、保存的治療と手術的治療とに分かれます。
保存的治療はX線所見が認められても、股関節痛などが軽微であったり、
疼痛が持続しない場合に行います。具体的には温熱療法、消炎鎮痛薬の投与、
副腎皮質ステロイド関節内注入などが一般的です。その他体重のコントロール、
筋力強化、はきものの調整、杖の使用、安静療養なども行います。
体重のコントロールは、管理栄養士による食事指導、運動処方によって行います。

◇変形性股関節症の保存治療
 運動療法・・・理学療法や自宅での筋力強化、プールでのトレーニング
 温熱療法・・・ホットパックや極超短波、温泉などの入浴
 薬物療法・・・消炎鎮痛剤やグルコサミン、コンドロイチン硫酸などのサプリメント


手術的治療では、臼蓋形成術、寛骨臼回転骨切り術、キアリ骨盤骨切り術、
大腿骨骨切り術が多く行われます。股関節形成術、とくに人工関節置換術は、
60歳以上の末期股関節症の方に多く行われます。近年、人工関節置換術が増えていますが、
頻度は少ないものの術後に肺塞栓、血栓性静脈炎、異所性骨化などが起こることが
あるので注意が必要です。

スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。