関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは病名ではなく、その症状です。坐骨神経の経路と分布領域の疼痛を
坐骨神経痛といいます。
坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた影響で、腰・臀部~下肢にしびれや神経痛、関節痛の
症状が出現します。

坐骨神経痛の原因は脊髄や神経根の圧迫です。多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と
言われていますが原因は様々です。他には、梨状筋症候群、腰椎脊柱管狭窄症、
脊椎分離症脊椎、腰椎すべり症、腰椎腫瘍、骨盤内腫瘍などが坐骨神経痛を
引き起こす原因としてあげられます。
また、妊娠中は坐骨神経痛になりやすいというデータもある様です。
急激な体重の増加が坐骨神経痛の原因とも言われていますが、妊娠初期は特に注意が
必要です。
坐骨神経痛の症状はお尻(臀部)や足への痛み、お尻、大腿後面、下腿外側や後ろ、
足の甲あたりのしびれや
痛みの症状があります。

<主な坐骨神経痛の症状例>
太ももから膝の後ろにかけての張り感が一方の足だけに常時ある。
足の裏が常にしびれ、歩くたびにひびくなどの症状がある。
片足だけが冷えるなどの症状。
くしゃみや咳、その他の衝撃で腰が痛む。
常に足が重苦感があり、つまづき易い。
足の感覚が低下する。
お尻の張りが強く痛みを伴う。


坐骨神経痛の治療としては、消炎鎮痛剤の内服・筋弛緩剤、座薬などの薬物療法 、
ホットパックなどの温熱治療、ブロック注射、理学療法などのリハビリ、最新治療では
レーザーを使った手術などが一般的です。
その他、坐骨神経痛の治療方法は漢方薬、ツボの指圧、ストレッチ、マッサージ、針、
灸、体操、運動する等様々な坐骨神経痛の治療が行われています。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。