関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節痛の種類

関節痛と呼ばれる病気は数多くある。

関節が痛くなると、「骨が弱くなってきた?」「リウマチだったらどうしよう」と
心配になる方も多い。
しかし、小さい子供に「関節が痛い」と言われたところで、骨がもろくなっているとは
思えないから、誰でも他に原因がないかを探すのではないだろうか。

では、関節痛には骨の老化が原因の病気の他、どのようなものがあるだろうか。
まず、子供の関節痛についてである。
子供の関節痛には風邪、おたふくかぜ、はしか、風疹、インフルエンザなどが原因となるものがある。
しかし、この場合の関節痛は心配ない。
これらの病気で関節痛になっても、関節が損傷することはない。
熱が下がれば関節痛は自然に治まるので、心配なら鎮痛剤を処方してもらうと良い。
あまり痛がるようであれば湿布を貼ったり、軽くマッサージをしてあげて頂きたい。

その他、スポーツをやっている時、高いヒールの靴を履いている時など、
足をくじいたことはないだろうか。
これを捻挫(ねんざ)と言う。
捻挫も関節痛の一つである。
捻挫になったら、すぐに患部を冷湿布で冷やし固定する。
骨折している可能性もあるので、病院でレントゲンを撮ってもらうとよい。
また、軽い捻挫だからと放置しておくと、将来 深刻な関節痛になることも考えられる。
たいしたこと無いと自分で決め付けず、適切な処置をうけて頂きたい。

スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。