関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の関節痛

子供の頃によくある、何もしていないのに脚が痛いという経験。
大抵の場合、親に言うと「成長痛ね。大きくなっている証拠」と言われたものである。

この成長痛、子供の関節痛の一種ですが、原因ははっきりしていない。
子供の年齢によっても、多少 意味合いが違ってくるようである。

幼児期の場合、昼間は痛がらずに夜だけ痛がる場合は、精神的なものが原因となる
ことが多いようである。
ただ、脚が痛くないのかと言えば、そうではない。
本人はとても痛いのである。
子供が痛いと訴えるのなら、マッサージをしてあげたり湿布をはってあげたりして頂きたい。
年齢とともに落ち着いて、痛みを訴えることはなくなる。

成長期の場合は、スポーツをやっている子に多いと言われる。
骨と筋肉・腱の成長が比例しないのが原因である。
昼間 酷使した脚に、疲労が夜になって蓄積するためではないかといわれている。
痛いときは、激しいスポーツは避ける、温かいお風呂に入るなどのケアが必要である。

また、どちらも昼間も痛がるようなら、他の関節痛が考えられる。
例えば、股関節炎や亜脱臼、膝蓋軟骨軟化症などがあげられる。

このような場合、必ず病院で適切な処置をしてもらってください。
病院によっては成長痛で片付けられてしまうかもしれないが、
不安であれば、違う病院で診てもらうのも良い。
将来、わが子が関節痛で苦しまないためにも、早めのケアは必要である。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。