関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチは、手や足の指の関節から始まる関節痛の病気である。
突発的なものはなく、多くはじわじわと始まるのが特徴である。

初めは身体がだるい、食欲がない、疲れやすい、手足がしびれて力が入らない等の
症状が現れる。
手足の痛みは特に朝がひどく、こわばっている状態が継続する。

関節リウマチは、痛みが身体のあちらこちらに流れ動く病気といわれている通り、
初めは手足の指だけでも必ずといっていいほど、他の関節もおかされてくる。
そのうち、全身の関節痛や腫れの症状もあらわれます。
ですから、関節リウマチは単に1箇所の関節痛ではなく、全身の病気と考えたほうが良い。

慢性的になると、熱が出たり、貧血になったりすることもある。
これは、慢性関節リウマチが合併症を伴いやすい病気だからである。
関節痛の炎症が長期にわたって続くと、次第に指の関節が破壊されてくるため、指が短くなったり、関節が変形したりする。

しかし、関節リウマチはみなが同じ症状になるわけではないから、自分のリウマチがどのタイプかを知って、
上手につきあわなくてはならない。
普段から身体を冷やさないように気をつけたり、冬場は使い捨てカイロなども活用して、関節をあたためたりして頂きたい。

慢性関節リウマチは、血液検査やレントゲンで診断できる。
もし慢性関節リウマチと診断されても、現代の医学の進歩により適切な治療をすれば、
進行を防いで痛みを抑えることも可能である。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。