関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院で行う関節痛の検査

関節痛の痛みに耐え切れない場合は病院に行くと思うが、その病院では
レントゲンをとってもらうことは必須条件だが、他にはどのような検査があるだろうか?

どのような病気でも、医師の問診を受けるのは当然である。
医師からの質問に答えるだけではなく、質問があれば聞けるようにしておくことが大切である。また、飲んでいる薬・アレルギーなどがあれば、はっきりと伝えるようする。

検査としては、血液検査や尿検査も行われる場合もある。
この検査によって、他に病気をひきおこしていないかなどが分かる。

もちろん患部も見せなくてはならない。
レントゲンをとる際には、衣服もとらなくてはならない場合があるので、着脱しやすい服装がいい。

レントゲンで関節痛の原因が分からない場合は、MRI検査をおこなうことがある。
MRI検査とは、トンネルのような検査台の中に入って身体の断面をあらゆる角度から写し出す方法。
レントゲンでは写らないような軟骨・靭帯・筋肉も見る事ができるし、放射線がないというのも安心である。
最近では、MRIを導入している病院が多いが、導入していない病院からもMRIを撮ってもらえる病院を紹介してもらえる。

関節痛は長期にわたってつきあっていかなくてはならない病気である。
病気とつきあうと言う事は、医師とのつきあいも長くなるわけなので、よりよい治療法を
一緒に考えてくれるような医師を探して頂きたい。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。