関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛の種類(急性と慢性)

腰が痛くなった経験は誰にでもあるはずである。
一度、痛くなるとちょっとした拍子にまた痛みを感じるようになるので本当に厄介な関節痛といえる。

腰痛には大きくわけて二つのタイプにわけることができる。
まず一つ目は「ぎっくり腰」と言われる「急性腰痛」である。
ぎっくり腰になると、しばらくはあまりの痛みに立つことができない。
病院に行きたくても立ち上がれないので、不安感が強くなる。

しかし、ぎっくり腰になっても焦ることはない。
湿布を貼って2~3日安静にしていれば、痛みもおさまってくるので、動けるようになってから病院へ行くようにすればよい。

二つ目は「慢性腰痛」といわれるものである。
常に腰に重い感覚があったり、ジワジワと痛みを感じるタイプの腰痛である。
このタイプの腰痛の多くは、骨の老化、腰以外の病気、ストレス、細菌や腫瘍のいずれかが原因と考えられる。

ぎっくり腰も慢性腰痛も、しばらくすると楽になるし、薬や湿布で治ったからと病院へ行かない人もいる。
しかし、これらを放置しておくことは、さきほど述べた病気が原因だった場合、その病気を放置しておくことにもなる。
さらには、他の関節痛を引き起こして、後悔することになってしまうかもしれない。

たかが腰痛、されど腰痛。
勝手に判断することなく病院へ行って検査をうけて頂きたい。
診察の際には、いつから痛むか・他の関節痛はないか・内科にかかっている病気はないかなどを答えれるようにしてください。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。