関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工関節再置換手術

人工関節置換手術は、使えなくなった関節を新しく入れ替えることで、関節痛とともに歩んできた先の人生に希望をもたらしてくれます。
この手術は従来、高齢者を対象に行われることが多いものでした。
なぜなら、人工関節というのは、永久的なものではないからです。

生き物だけではなく、物には寿命がありますね。
人工関節にもやはり、寿命があることを頭にいれておかなくてはなりません。
人工関節の耐久性は約15?20年といわれています。
ですから、若いうちに手術をすれば、この先 再手術をうける必要がでてくるというわけです。

再手術には、部品だけを交換すれば良い場合、全てを交換する場合があります。
これは、手術を受けた人の生活習慣によっても、違ってきます。

手術を受けて関節痛から開放されたからと言って、毎日を忙しく動き回っていては、再手術も仕方ありませんが、週に何日かはリハビリに通ったり
簡単なストレッチ運動をして大事にすれば、人工関節の劣化も遅らせることができるでしょう。

再手術なんて考えただけでもイヤかもしれません。
しかし、現在では 若い時期に人工関節置換手術をすすめる病院もあるようです。
関節痛のせいで、楽しくない人生を送るより、現在(いま)を楽しく暮らしたほうが幸せですものね。
高齢になってからの手術は、体力も筋力も衰えていますから、その後の回復も時間がかかります。
しかし、少しでも若い時期に手術をうければ、回復力も早くまた人工関節のゆるみも起こりにくいと考えられているからです。

手術を受けるかどうか決めるのに期限はありません。
ゆっくり考えて、決めるようにしましょう。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。