関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指関節痛(突き指)

指関節痛(突き指)とは、バレーボール、バスケットボールなどの球技、
柔道などの格闘技などでボールを受けた時や転倒して指を突いた時に起こります。
手や足の指の関節周辺の外傷です。ただ、指関節痛(突き指)といっても、
実際には、靭帯損傷、腱損傷、脱臼、軟骨損傷、骨折など色々な外傷が含まれます。
指関節痛(突き指)と外傷の中では意外に軽視されがちですが、受傷後
早期に適切な突き指の治療を受けないと、指関節の痛みが長期間持続したり、
手や足の指の関節の変形や不安定性、そして運動障害が残こる例も少なくないです。

■指関節痛(突き指)の注意点

・はっきりした変形が見られれば、脱臼や骨折の可能性あり。
・手指の関節の腫れや皮下出血がひどい時は骨折や靭帯損傷の可能性あり。
・指の第1関節が曲がったまま伸びない時は槌指(腱の断裂または骨折が原因)
 です。ずれのある骨折の場合は手術が必要です。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。