関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指関節痛(突き指) の治療

指関節痛(突き指) の応急処置

・指の痛みの軽減と腫れの軽減の為、患部を冷やす。
・患部の安静保持のため、テーピングなどにより固定を行う。注意点としては
 腫れを想定した固定が重要です。
・腫れや痛みの強い場合、早めの専門医の受診・治療をお勧めします。

誤った指関節痛(突き指)の治療法
・引っ張ってはいけません!
これは、絶対にやってはいけません。無理に引っ張ると切れかかっていた腱や靭帯を
さらに損傷することがあるからです。整形外科の徒手整復法という患部を引っ張る手技がありますが、腱や靭帯損傷がないと判断してから実施しています。
・むやみに動かしてはいけません!
添え木を添えて指を固定します。安静を保つためには添え木とテーピングが必要です。
しかし応急措置の場合で、添え木がない場合は親指以外なら隣の指を添え木として
利用できます。
スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。