関節の痛み

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節の痛みとヒアルロン酸

関節の痛みの原因としては、軟骨の表面がざらざらして弾力性が低下し、
力のかかる部分がだんだん磨耗していくことが関節痛の原因です。これは、
関節軟骨などに含まれ、関節の動きをよくしたり(潤滑作用)、
クッションのように衝撃を吸収する働き持つヒアルロン酸の減少が原因です。
ヒアルロン酸とは、もともと体内(目や皮膚、関節など)に含まれている成分で、
優れた保水力と高い粘性と弾性で注目を集めており、化粧品や健康食品などに使用、
また医薬品の原料としても利用されています。
このヒアルロン酸は加齢とともに減少していきます。ヒアルロン酸が減少すると、
肌のハリがなくなったり、関節の動きが悪くなり、痛みを生じることが多いです。
特に皮膚では、大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの
20分の1といわれるほどです。
関節の痛みに対する治療には、痛み止めの内服薬や貼り薬などがありますが、
このほかによく行われている治療として、膝や肩の関節にこのヒアルロン酸の
注射を行う方法があります。
このヒアルロン酸の注射は広く行なわれている関節痛の治療法で、ヒアルロン酸を
注射することによって、加齢などにより減少したヒアルロン酸を直接補い、
さらに関節でのヒアルロン酸の産生能を高めたり、痛みや炎症を抑えるなど
多くの効果があります。詳しくは専門医に相談して見てください。


スポンサーサイト

FC2Ad

関節痛は放置しておくと進行するものもある。そのため関節痛は早い段階での治療が必要となる。ここでは、関節痛の原因を中心にインフルエンザや風邪(微熱)時の関節痛、妊娠・産後などの関節痛に関する情報を提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。